27

1月

2012

あなたは、どんな人ですか?

今月、大学の講義が終わる。

3年生は、就職活動に励む時期です。

色々と相談も受けますが、進路(業界や企業)を決めるのには?

エントリーシートをどう書いたら良いかなど当然のことながら様々。

 

中でもやはり多いのは、エントリーシートや面接での受け答えが

半分以上占める。

学内の就職対策講座には、参加したり、企業説明会などにも積極的に

参加している人も中には、いるのに私に質問してくるということは、

何かに疑問や不安を感じていることを察する。また、

色々な人に聞いておいたほうが良いかも?という気軽な気持ちもあるだろう。

 

そのときにいつも答えて上げる一言。

「あたなは、どんな人ですか?」という質問、これになかなかすぐに答えることが

出来ない人がやはり多い。

 

経験上、それを知るために選考過程があるので、企業側が知りたいのは、

その1点であることを伝える。

要は、それをどういう話題でそれをわかりやすく、伝えてくれるか?である。

そのために、志望動機や自己PR文、学生時代に力を入れたこと、入社して

どんな仕事をしたいか、などの項目がエントリーシートには並ぶ。

 

そう、質問の本質は、ここにあると私は思う。

「あたなは、どんな人ですか?」に答えることが出来るトレーニングを

もっと、もっと学んで欲しい。いや、まず、企業の目的はそこにあることに気づけば、

突破口は見つかりやすいのでは。